神奈川県横浜市の私立中学校・高等学校【横浜富士見丘学園 中学校・高等学校】

横浜富士見丘学園 中学校・高等学校

NEWS & TOPICS

« 国際シンポジウムに参加しました | メイン | 英検1級合格おめでとうございます »

2021年7月25日 (日)

授業紹介①|中3理科

本校での授業実践を、これから数回に渡って紹介していきます。
第1回目は6月に実施した中学3年生の実験に関してです。

 

中学3年生は理科2の授業で、ニワトリ手羽先の骨格標本の作製を3時間かけて行いました。

 

I.Yさん作製

2 

H.Rさん作製

2_3

 

Dsc_2159 

ニワトリの手羽先とヒトの腕は表面的な形態や機能は異なりますが、進化的には起源は同じであり、骨格を比較すると共通する点があります。このような器官を「相同器官」と言います。
今回の授業では、筋肉や骨のつくりを理解することと、相同器官に関する理解を深めてもらう事が目的です。

 

1時間目は、ニワトリ手羽先の解剖を行い、筋肉・腱・関節等の観察を行いました。操り人形の糸のように、それぞれの骨格に複数の筋肉が張り巡らされ、1つの筋肉を引っ張ると特定の部位が動く様子を確認しました。

 

2時間目は、加熱してほろほろになった筋肉を骨格からそぎ落とし、手羽先を構成する7種類の骨(橈骨・尺骨・手根骨・中手骨・第一指骨・第二指骨・第三指骨)を取り出しました。取り出した骨は、ハイターと除光液を用いて脱脂・漂白しました。

 

Dsc_2135_2

 

Dsc_2134 

3時間目は、乾燥させた骨を黒い台紙と接着剤を用いて骨格標本として仕上げていきました。また、双眼実体顕微鏡で骨の表面と断面を観察しました。
骨の表面には複数の小孔があり、また断面はスポンジ状になっていることを確認しました。さらに生徒自身のスマートフォンもしくはデジタルカメラで撮影を行い、撮影に成功した生徒はgoogleのclassroomに提出してもらいました。

 

Dsc_2138 

 

Dsc_2139

  

以下は、生徒が提出した撮影画像の一部です。

K.Tさん

Photo_2 

K.Kさん

Photo_3 

S.Kさん

Photo_4 

H.Tさん

Photo_5 

F.Kさん

Photo_6 

U.Mさん

Photo_7

アクセスAccess

アクセスAccess

横浜富士見丘学園 中学校・高等学校

〒241-8502 横浜市旭区中沢1丁目24番1号
TEL:045-367-4380(代表)
FAX:045-367-4381