神奈川県横浜市の私立中学校・高等学校【横浜富士見丘学園 中学校・高等学校】

横浜富士見丘学園 中等教育学校 中学校・高等学校

NEWS & TOPICS

« 1月8日(祝) ホームカミングデー「成人を祝う会」が開催されました | メイン | 中等2年 スキー教室1日目 »

2018年1月 9日 (火)

【校長室便り】横浜富士見丘学園(YFG)未来ビジョンについて(共学)

YFGは新しい学園に生まれ変わります。

本校は1923年に創立して以来、「敬愛」「誠実」「自主」を教育理念に掲げ、生徒が個性を生かして社会に貢献できる自立した女性の育成に尽力してまいりました。今日までの歴史を振り返ってみると、伝統を守りながらも時代の変化をとらえ、教育環境の整備充実に努めてきた96年だったように思います。時代が大きく変わっている現代社会では、求められる資質・能力も変化してきています。これから生徒たちが未来を幸せに生きていく為には、新しい教育カリキュラムが必要であり、その教育を支える新しい教育環境が必要になると考えるに至りました。そこで100周年に向けた教育改革として、より時代に合った未来志向教育を新構想とした「21世紀型教育イノベーション」を進めていくことを決断いたしました。

創立100周年に向けた教育改革

・自分と異なる他者を理解する力、他者と協働する力、他者を尊重する心を育てる。(敬愛)

・国際的な視野で、豊かな想像力を持ち、誠実な社会人としての基礎力を育てる。(誠実)

・自ら課題解決を行うことのできる自律性と科学的な思考力を育てる。(自主)

2018年度より、現在の横浜富士見丘学園中等教育学校から、横浜富士見丘学園中学校と高等学校に分離し、高校からの新入生募集を開始いたします。建学の精神、教育理念、6カ年一貫教育で築いた骨組みは堅持し、定評のある英語教育や東京理科大学と連携した理数教育などの先進的な取り組みをこれからも随時行ってまいります。そして中学3年間はじっくり基礎を固めて視野を広げ、高校3年間はそれぞれの進路や夢の実現に向けて、問題解決型教育プログラムを実践していきます。

2019年度より「共学化」に踏み切り、中学・高校で男子生徒の募集を開始いたします。男女共学のメリットとして、他者を理解する力、他者と協働する力、他者を尊重する心を育むことができるといわれており、男女の考え方や受け止め方の違いを知り、さまざまな価値観に触れることはコミュニケーション能力を高めるためにも最適な環境であると考えます。一方、男女別学のメリットとして、異性の目を気にせず、のびのびとした学園生活が送れること、男女の違いを生かした授業内容で効率的に学習できる面が評価されています。本校の「共学化」は一言でいえば、学習に集中できる環境(別学)と、多様性を認め合う教育「共学」を生かした学びの場。ホームルームやクラス編成に別学の良さを考慮し、授業内容や部活動・学校行事などには共学の良さを取り入れた柔軟性のある共学化をめざします。 

本校の伝統である少人数を維持するとともに、生徒の未来を考えたきめ細やかな指導を行い、全教職員が熱意をもって一人一人に向き合ってまいります。

新しい横浜富士見丘学園の取り組みにご理解とご協力をお願い申し上げます。

2018年1月9日

学校法人 富士見丘学園

 

アクセスAccess

アクセスAccess

横浜富士見丘学園 中学校・高等学校

〒241-8502 横浜市旭区中沢1丁目24番1号
TEL:045-367-4380(代表)
FAX:045-367-4381